HOME » ブログ » インプラント

ブログ

2017年5月28日(日)近未来オステオインプラント学会北海道支部・支部学術大会にて1時間の講演させて頂きました。

 

早起きしての北海道神宮までサイクリングでの日差し。。

息子がライオンキングのオープニングみたいじゃない?と。。 劇団四季ミュージカルの興奮がまだ冷めていない様です(笑)

 

講演依頼を受けたのが2017年1月28日(土)

本日2017年5月28日、この丸4ヶ月間、この日が来ることを忘れることはありませんでした。

1時間、何を話そう・・・と準備を進めてきました。

 

 

北見市でご開業の猪子光晴先生

特別講演「GBRを成功に導く安全な減張切開法」 大変に参考になりました。

座長 高橋徹次先生

 

会員発表

村川真祐先生「インプラントと天然歯を利用したIOD症例」

田畑 太先生「下顎両側インプラント埋入後、骨吸収の違いが生じた1症例」

米沢功至先生「天然歯とインプラントにおけるレッドコンプレックスの培養検査」

松梨 寛先生「顎機能を考慮して咬合再構成を行なった1症例」

座長 伊藤 理先生

業者展示では、和田精密歯研さん、京セラメディカルさんがブースを出しておりました。

 

いつも恒例の学会弁当です。

美味しく頂きました。

 

会員講演

谷口昭博先生 「初志貫徹〜今までの自分、これからの自分〜」

座長 今宮克明先生

 

臨床を通して、過去から未来へ歯科医師として考えていること、

工夫していること、葛藤していることなどを1時間に渡りお話しをさせて頂きました。

*写真は、イメージですぅ。。

集合写真

21年間(22年目)自分の歯科臨床や人生を振り返る機会に恵まれたと思いました。

このような機会を与えて下さいました、関係各位の皆さまに感謝致します。

 

谷口歯科診療所

院長 谷口昭博

2017年5月21日(日)札幌にてノーベルバイオケア主催:木津康博先生「インプラント治療コンピュターガイド手術」講習会を受講しました。

10:00〜16:00

 当診療所で行なっております、インプラント治療は、国産の「京セラ」という老舗インプラントメーカーです。

ノーベルバイオケアとは、海外のインプラントメーカーです。

最新情報や基本的な考え方、応用の仕方などを聴講して参りました。

 

50人ぐらい聴講者が来ていました。

歯科技工士さんも大勢いらしていた様です。

 

講師は、コンピュターガイデット手術で有名な横浜でご開業の木津康博先生です。

実は、、東京歯科大学の1つ上の先輩なんです。

いやぁ、凄く懐かしいですぅ。。

 

さて、コンピュターガイデット手術とは、何でしょうか?

それは、インプラント手術をより「安全」で「安心」にするための、現在最も「最新のインプラント技術」なんです。

写真の筒穴にインプラントを入れる時の器具を入れて「正確な位置」と「角度」を実現することで計画通りの手術が可能なんです。

一方、従来のフリーハンドでのインプラント治療を行う時代ではなくなりつつあります。

当診療所も6年ほど前より導入しております。

ここ3年くらいから、コンピュターガイデットを選択される患者さんは9割近くになります。

 

大変に良いヒントを頂きました!

これでまた当診療所のインプラント・コンピュターガイデット手術がより良くなりますね。。

 

出ました。。講習会弁当です。

何か最近、トンカツ当たりが高いですなぁ。

美味しく頂きました。

 

何だか、不思議な感覚です。

30年前にもこのツーショットを撮影しておけば、比較写真面白かっただろうなぁ。。

 

私は、講習会以外に現在治療中の患者さんの写真と動画を見て頂き、より良い治療をするためのアドバイスを頂きました。

 

そして、先月クインテッセンス4月号に掲載された論文も読んで頂きました。

 

木津先生、「頑張れよ!」と握手が嬉しかったです。

 

大変に有意義な講習会でした。

 

さぁ、週末28日(日)の近未来オステオインプラント学会では、私の1時間口演があります。

緊張しますぅ。。

 

谷口歯科診療所

院長 谷口昭博

1 2 7
無料カウンセリング24時間受付!!メールでのご相談はコチラ