HOME » 審美歯科(セラミック修復)

審美歯科

審美歯科(セラミック修復)には、いろいろな種類や方法があります

陶材(セラミック)単体を使った物、陶材とレジン(樹脂)とを混合にしたハイブリッド・セラミックなどです。それぞれの材料には、それぞれの特長があり、ただ「この方が綺麗だからこの材料を使う」というのは、破損などのトラブルに繋がる事があります。

どの材質を使用する場合にも金属フレームの上に白い材料を焼付けた物や接着効果で貼り付けた物や一切使わない場合、様々です。

金属のフレームは、フレーム(金属色)が透けてしまわないように何層にもコーティング材を盛り付け、フレーム無しから比べるとどうしても透明感が落ちてしまいます。その反面、強度があり、長いブリッチなどにも対応が可能となります。

当院では、従来のセラミック療法に加え、フレームを使用せず、より自然観のある透明感を再現する事が可能な、最新の「ウォルセラム」セラミック・システムを採用しています。 (「ウォルセラム」セラミック・システムについての関連リンクはこちらです)

当院では、噛み合わせ、使用する場所、歯に被せる場合、インプラントに応用する場合、によって材質やフレームの使用の有無などを対応させて頂いております。

  • この患者様は、銀歯が見立つので白い詰め物にしたいというご希望で来院されました。

    銀歯の他、既に変色してしまっている詰め物や、冠が外れたままの状態です。

  • この患者様には、金属(フレーム)を一切使わない、最新の「ウォルセラム」セラミックを応用致しました

    型取りをした模型上で完成した、ウォルセラムです。

  • 一番奥の歯には、部分的な冠が入っており、ハイブリッドセラミックを応用致しました。

    奥から2番目にウォルセラムの冠が入ったところです。

[治療前(左)・治療後(右)]

下あごの処理が完了しました。

上あごの処理が完了しました

治療前(左)・治療後(右)すべてハイブリッド・セラミックです。

無料カウンセリング24時間受付!!メールでのご相談はコチラ